屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU
太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開 TOP  >  太陽光パネル比較  >  ソーラーフロンティアと東芝ではどちらがいい?太陽光パネル比較

ソーラーフロンティアと東芝ではどちらがいい?太陽光パネル比較

太陽光パネルで人気なのがソーラーフロンティアと東芝です。

srf170

ソーラーフロンティア(SF170-S)

 

toshiba - コピー

東芝(SPR-250NE-WHT-J)

 

 

 

ソーラーフロンティアは実発電量がNo1ということ、そして設置費用も比較的安いことが強みです。また、影の影響や気温の上昇にも強く他の単結晶パネルよりも寿命が長い、とも言われています。

ネット上に数あるオーナーブログを見ても、発電量はかなり良いです。

そして、東芝は言わずと知れた有名メーカーです。そしてパネルは変換効率20%とソーラーフロンティアの13.8%と比べてかなり高くなっています。東芝はバックコンタクト方式と言って、電極の線を隠すことでより多くの太陽光を取り込める方法をとっています。

あと、ソーラーフロンティアが純国産であるのに対して東芝はアメリカのサンパワー製です。これは好みの問題ですが、なんとなく日本製の方が安心な気がしますよね。

 

私は検討していた当時はかなりソーラーフロンティアに気持ちが傾いていました。なぜなら、実発電量が良く、価格が安かったからです。

でも結果的には東芝になりました。これはただ一つ、重さが気になったためです。東芝のパネルが1パネル15kgであるのに対してソーラーフロンティアは20kgです。これを20枚以上載せるとなるとその重さの違いはかなり気になりました。

我が家は片流れ屋根で、住宅そのものも決して良い素材を使っているとは言い難いものです。なので太陽光をつけることでバランスが悪くなって、建物自体に不具合が生じたら嫌だな、と思いました。

それに地震で揺れたらどうなるのか?とか心配しだしたら、やっぱり軽い方が良いか、ということになったのです。

これは人それぞれの考え方で、どこを優先するのか?そして気にしないのか?ということになります。

良いパネル選びが出来ますように。

 

追伸

こちらのサイトが9社の発電量を比較していて参考になります。

ebl

EBLソーラーポート

見積もり依頼をした際に、「面白いのがありますよ」って業者さんが教えてくれました。

 

同じカテゴリー「太陽光パネル比較」の一覧

パナソニックの太陽光発電(HIT245)の良さとは?

どうも、西野 太陽 です。 私が太陽光を設置しようと検討していた時に、真っ先に見積もりを取ったのがパナソニックでした。 ところが思ったほど値段が下がらず、1kwhあたり43万もしていました。(H24年 […]

記事の続きを読む

ソーラーフロンティアは小さい屋根でも大丈夫?

どうも 西野太陽です。 ソーラーフロンティアは人気のパネルです。 なぜなら、実発電量がNO1だからです。 でもデメリットもあります。それは重さとパネルのデカさです。 SF170では、一枚の重さが20k […]

記事の続きを読む

シャープの太陽光発電撤退はデマだった

どうも、西野太陽です。 平成27年3月初めににシャープが経営難に陥って、太陽光事業からも撤退するのでは?という記事が複数の新聞で取り上げられていました。 私は、じゃあアフターフォローはどうなるのか?と […]

記事の続きを読む

シャープの太陽光撤退でアフターフォローはどうなるの?

どうも、西野太陽です。 シャープが経営悪化のために太陽光発電事業から撤退するのではないか?との記事が新聞各社から出ています。 人員を3000人削減するというのですから、普通に考えて太陽光撤退は免れない […]

記事の続きを読む

パナソニックと長州産業のHITは同じって聞いたけどどっちが良いの?

どうも、西野太陽です。 太陽光パネルでパナソニックと長州産業が同じである、と言うのは本当です。 長州産業がパナソニックのOEMで作っています。 だったら値段で安い方を選べばいいじゃん、って思いますよね […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ