屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU
太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開 TOP  >  補助金動向  >  太陽光は終わったのか?どうなる?太陽光発電の今後

太陽光は終わったのか?どうなる?太陽光発電の今後

太陽光発電の固定買取り価格がH27年度より大幅に安くなる、とい言われています。

これは、当初から制度として計画されていたのでいた仕方ありません。
H24から3年間は太陽光発電を普及させるために、買取価格を高く設定して国が後押しします!ということでした。

sora

この制度が発表されるや否や、絶対もうかるとわかった業者や一般の資産家などがこぞってメガソーラー建設を申請しました。
このため、当初計画していた再生エネルギーの内太陽光だけだ突出して多く出来てしまったのです。

なので今後は、再生エネルギーのバランスを良くするために風力、バイオマス、地熱等の発電に配慮した買取り価格にして、太陽光は大幅に下げることに決まりました。

と、ここまで書くと、そうかやっぱり太陽光はもう終わりだな、と思うかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。これは10kwh以上システムの話しです。

10kwh以上は20年間の固定買取ることが決まっていますが、10kwh未満のいわゆる住宅用は10年間の固定買取りとなっています。

そして、多くの人に関係するのは、こちらの10kwh未満の住宅用太陽光について、ではないでしょうか?
10kwh以上の買い取り価格は大幅に下がりますが、10kwh未満の太陽光はそこまで下がらないのではないか?と言われています。

なぜか、というと国はスマートグリッドといってエネルギーの地産地消を進めようとしています。その時に住宅用太陽光はかなり重要なシステムとなります。
そのため、今後は太陽光とセットにして蓄電池の普及に力を注ぐことが方針として打ち出されています。

ということは、今後も住宅用の太陽光は普及していく、と言えます。

平成27年度の買い取り価格はまだ発表になっていませんが、住宅用(10kwh未満)の買い取り価格は35~36円ではないかと言われています。

 

というわけで、まとめると

「太陽光は終わったのか?どうなる?太陽光発電の今後」
メガソーラーは終わったけど、住宅用の太陽光は今後も普及していく

と言えます。

 

 

 

 

同じカテゴリー「補助金動向」の一覧

太陽光設備認定の締切は2017年1月20日(金)

太陽光設備認定の締切は2017年1月20日(金) とうとう今年度の売電価格の締め切りが資源エネルギー庁(PDF)より発表されました。 備認定申請の締切:2017年1月20日(金)。 今年度の売電額を確 […]

記事の続きを読む

平成28年度の太陽光発電買い取り価格が決定!

2月23日の毎日新聞に平成28年度の「太陽光発電の買い取り価格が引き下げられる」と書いてありました。   記事によると、10kW未満の住宅用太陽光については、出力制御対応機器の設置義務のない […]

記事の続きを読む

1円高く買い取ってくれる電力買取サービスってなに?

どうも、西野太陽です。 平成27円度は10kw未満の固定買取り価格が33円/kwh(35円抑制機能あり)となりました。平成26年度に比べると4円も下がってしまい、がっかりした人もいるのではないでしょう […]

記事の続きを読む

太陽光パネルを付けるタイミングはいつがいいのか?

どうも西野太陽です。 太陽光発電の制度が目まぐるしく改正され、いったいどのタイミングで付けるのが良いのか迷いますよね。 でも、正直言って正解はありません。 過去の買取価格をみて、今は下がってしまったか […]

記事の続きを読む

固定買取価格が33円!太陽光発電は終わったのか?

どうも、西野太陽です。 平成27年度、住宅用太陽光発電の固定買い取は33円/(35円抑制機能あり)となりましたね。 今年度の37円から大幅に安くなってしまいました。 これから導入しようと考えている人に […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ