屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU

太陽光発電で1kwあたりってなんのこと?

どうも、いつもご覧頂いてありがとうございます。
西野太陽です。

恥ずかしながら、私は太陽光の設置を検討していた当初、ホームページなどで1kwあたりいくら、と書いてある意味がわかりませんでした。

例えば↓こんな表

kw

「/kwってなに?」

まずこれがわからないと自分の屋根にどれくらいパネルが載るのか?なんかもサッパリわかりません。
と言うわけで、当時の私に向けて書くつもりで今回の記事を書いてみます。

この/kwとは、1kwあたりのパネルの単価を意味しています。

toshiba - コピー

東芝のパネルを例に説明しますね。

パネル1枚で250wの出力があります。
そして1000w=1kwなので、250w×4=1000w=1kwとなり

4枚のパネルが必要ということがわかります。

ということで上の表をみると、東芝の場合は1kw(パネル4枚)載せるのに317,000円かかります、という意味です。
これは、工事費や諸経費も含まれた値段で、一般的にkw数が増えると単価も下がります。

また、屋根の材質や形によって工事費が変わってくるので、必ずしもこの単価があなたに当てはまるわけではありません。

 

「/kwってなに?」

次に、/kw(キロワット)の意味がわかったところで、今度は売電単価の時に出てくる/kwh(キロワットアワー)についてです。

住宅用の売電単価(固定買取り価格)は平成27年度で33円/kwとなっています。
で、この33円/kw ですが、これは1kwの電力で1時間売電したら33円で買取りますよ、という意味です。

発電力(kw)×時間(h)=発電量(kwh)

例えば、、、、

DSC_1321

3月4日の西野家の例を見ると

発電量 17.5kwh
売電量 15.8kwh
買電量 18.7kwh
消費量 20.4kwh

となっています。ここから、

売電額 15.8kwh×33円(売電単価)=521.4円/日
買取額 18.7kwh×-25円(電気代)=-467.5円/日
自家消費額 (20.4kwh-18.7kwh)×31円(日中電気代)=52.7円   ※27円度単価で、電化上手の場合で計算

よって太陽光発電の一日の経済効果は574円あったと言えます。

 

なんとなくわかっていただけましたか?
この記事が少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです。

おススメ記事

 

同じカテゴリー「太陽光の基礎知識」の一覧

太陽光ってもう遅い!?下火なんじゃないんですか?

最近、太陽光発電の話題が少なくなってきたことから、ちょっと勢いがなくなってきたんじゃないかな? そう思っていたところ、メルマガ登録しているソーラーパートナーズの中村さんよりこんなメールが届きました。 […]

記事の続きを読む

太陽光発電で失敗しない為に大切な3つのこと

太陽光パネルと自宅に設置しようと検討しているなら、失敗しない為に重要な3つのことがあります。 1. 絶対に訪問販売で契約しない 2. 1つのパネルにつき3社以上の見積もりをもらう 3. メーカーのシュ […]

記事の続きを読む

今から太陽光発電をつけてるのは遅いの?

「今から太陽光発電をつけるのは遅いの?」 そう思っているいる、あなた。 結論から言いますと、遅くありません。むしろこれから必要度は増していきます。 もちろん売電単価は1kwhあたり42円⇒38円⇒36 […]

記事の続きを読む

太陽光発電をつけた方が良いか?迷っているあなたへ

どうも西野太陽です。 「太陽光発電はつけた方が良いのかな?損しないかな?」 あなたは、そう思ってネットで調べているのではないでしょうか? 私もそうでした。 結論から言うと、南向きの屋根で4kwh以上屋 […]

記事の続きを読む

一年の内、太陽光の発電量が一番多いのは何月?

Q:太陽光発電は何月が一番発電するのは何月でしょうか? A:5月です。 私は太陽光発電をつける以前は8月が一番発電するものだと思っていました。 でも、業者に聞くと5月である、と言うのです。 発電量のシ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ