屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU
太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開 TOP  >  実績 , 見積術  >  太陽光発電は西向きや東向き屋根ではやっぱり損なの?

太陽光発電は西向きや東向き屋根ではやっぱり損なの?

我が西野家は西向き片流れ屋根です。

rmz

DSC_0269

でも太陽光発電は、南向き屋根で傾斜角度30度の場合が一番よく発電できます。
そして南向き屋根の発電量を100%とした場合、東向きと西向きではそれぞれ約85%しか発電しません。

これは見方を変えると、西向きでは例え5kwhの設備を付けても、実質南向き4.25kwhと同じ量しか発電できない、ということです。

ところが、当たり前のことですが太陽光を付ける初期費用は方角に関係なく、同じ設置条件ならkwhあたりの単価は同じです。

すると、南向き屋根に5kwhを150万円でつけたのと、西向き屋根に5kwhの設備を同額でつけた場合、発電量は15%西向き屋根の方が劣るので、単純計算で15%分初期費用の回収が遅くなることになります。

例えば、南向きで5kwhを150万で設置し、年20万売電できたとしたら7年半で回収できます。
これが西向きだと年17万の売電となり約8.8年かかることになります。

suii

正直なところ南向きと比べた場合、西向きや東向きはです。これは歴然とした事実なので受け入れるしかありません。

もし、今後住宅用の太陽光発電をもっと普及させたい自治体が、西向き東向きの屋根に設置費用の補助を出すなんてことがあれば、このハンデを克服することもできます。しかし、残念ながら日本でそうした補助を実施している自治体があるとは聞いたことがありません。

では、どうして西野家が南向きに比べて発電量が落ちるとわかっていて、あえて西向きの片流れ屋根に太陽光発電を設置したのか?
それはズバリ、西向き屋根でも10年以内に設置費用が回収できる!という勝算があったからに他なりません。

このサイトをご覧になっているということは、あなたは南向きではなく西向きや東向き屋根のユーザーであると思います。
あ~何でうちの屋根って南向きじゃないんだろ?」と思っているのではないでしょうか?
その気持ちよーくわかります。過去の私もそうでした。でも、諦めてはいけません。

それでは、どうやって西向き屋根でも勝算があるとわかったのか?
これから下の記事で、そのポイントをお教えします。

 

私が使った見積もりサイトです
【タイナビ】

同じカテゴリー「実績」の一覧

太陽光発電設置5年で総発電量30000kwh達成!

平成24年(2012)8月に設置してから5年で総発電量が30000kwhになりました。 久しぶりにモニターを確認したらこんな画面が出てきて初めて知りました。 総売電量が24425kwhなので金額に換算 […]

記事の続きを読む

11月の太陽光売電検針結果(2017)

  11月の検針結果です。 売電量 : 233kwh 売電金額:9,786円 昨年の11月は210kwhだったので若干増えています。 でも、使用料が483kwhで13,497円で、昨年より1 […]

記事の続きを読む

10月の太陽個光売電検針結果(2017)

  10月の検針結果がでました。 売電量: 213kwh 売電額:8,946円 でした。10月はなんだか梅雨みたいな天気だったので、昨年257kwhよりも大幅に落ちてしまいました。 &nbs […]

記事の続きを読む

9月の太陽光売電量【2017検針結果】

早いもので9月が終わろうとしています。 今月の検針結果は以下のとおりです。 売電量:369kwh 売電額:15,456円 でした。昨年の9月は345kwhだったので少し増えています。 8月が散々だった […]

記事の続きを読む

8月の検針結果が低すぎてヤバい!

今年は8月に梅雨みたいな天気が続いたのであまり行かないだろうなと思ったら、案の定売電量が半端なく少なかった。 売電量    300kwh 売電額 12,600円 昨年は486kwh売電できていたので7 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ