屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU
太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開 TOP  >  太陽光の基礎知識 , 実績  >  西向き屋根の東芝ソーラーパネルの発電シュミレーション表

西向き屋根の東芝ソーラーパネルの発電シュミレーション表

どうも、西野太陽です。

メーカーのシュミレーション表は結構シビアに計算されていると言われています。
私も、導入前に東芝のシュミレーション表をもらいました。

シュミレーション値

これによると西向き屋根で5.76kwhだと年間5,814kwh発電すると予測されています。(東京府中市が基準)

そして、実際に発電量は
2013年  6,030kwh
DSC_1156
2014年  5,804kwh
DSC_1157

となりました。

設置当初はシュミレーション値を上回りましたが、2年目は若干下回っています。
えっ、もうパネルが劣化したのか?と一瞬焦りました。
でも、調べてみると日射量が2013年より2014年の方が下回っていたことがわかりました。
nisshou
気象庁HPから府中市の年間日照時間を抜きだしたところ、2013年の2175時間に対して2014年は1919時間しかありませんでした。
これではシュミレーションを下回っても仕方がありません。

なので、基本的にメーカーが提示するシュミレーション値は信用できるものです。
お客さんが期待していた数字より下だったらクレームの元になるので、シミレーション値をちょっと下に設定しているんですね。

なので、もしあなたがメーカーが出したシュミレーション値を下回った、と気にしているようでしたら、気象庁HPで日射量か日照時間を見るとわかります。大概はシュミレーションの元になる数値より下回っていることが原因だとわかります。

おススメ記事
 西野太陽のおススメ太陽光パネル比較

 パナソニックとソーラーフロンティアはどちらが良いのか?

同じカテゴリー「太陽光の基礎知識」の一覧

太陽光ってもう遅い!?下火なんじゃないんですか?

最近、太陽光発電の話題が少なくなってきたことから、ちょっと勢いがなくなってきたんじゃないかな? そう思っていたところ、メルマガ登録しているソーラーパートナーズの中村さんよりこんなメールが届きました。 […]

記事の続きを読む

太陽光発電で失敗しない為に大切な3つのこと

太陽光パネルと自宅に設置しようと検討しているなら、失敗しない為に重要な3つのことがあります。 1. 絶対に訪問販売で契約しない 2. 1つのパネルにつき3社以上の見積もりをもらう 3. メーカーのシュ […]

記事の続きを読む

今から太陽光発電をつけてるのは遅いの?

「今から太陽光発電をつけるのは遅いの?」 そう思っているいる、あなた。 結論から言いますと、遅くありません。むしろこれから必要度は増していきます。 もちろん売電単価は1kwhあたり42円⇒38円⇒36 […]

記事の続きを読む

太陽光発電をつけた方が良いか?迷っているあなたへ

どうも西野太陽です。 「太陽光発電はつけた方が良いのかな?損しないかな?」 あなたは、そう思ってネットで調べているのではないでしょうか? 私もそうでした。 結論から言うと、南向きの屋根で4kwh以上屋 […]

記事の続きを読む

一年の内、太陽光の発電量が一番多いのは何月?

Q:太陽光発電は何月が一番発電するのは何月でしょうか? A:5月です。 私は太陽光発電をつける以前は8月が一番発電するものだと思っていました。 でも、業者に聞くと5月である、と言うのです。 発電量のシ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ