屋根が西向きや東向きだからといって太陽光発電を諦めるのはモッタイナイ!しっかりポイントを押さえれば、確実に費用を回収できます。このサイトでは実際に我が家が西向き屋根に設置した際の見積術と1年間の発電実績を公開しています。

MENU
太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開 TOP  >  太陽光パネル比較  >  ソーラーフロンティアとパナソニックはどちらが良いのか?

ソーラーフロンティアとパナソニックはどちらが良いのか?

どうも、西野太陽です。

sfvspana

私が太陽光パネルを探していた時に、迷ったのがソーラーフロンティア(SF170)とパナソニック(VBHN244)でした。

今でも変わらず人気のパネルです。
ひょっとするとこの記事をご覧になっているあなたも、この2つで迷っているのではないでしょうか?
そこで、それぞれの良い点・悪い点を挙げてみました。

ソーラーフロンティアとパナソニックの比較

ソーラーフロンティアとパナソニックを4kwhを載せた時で比較してみました。

メーカー ソーラーフロンティア SF170 パナソニック   VBHN244
     パネル srf170 pana2
最安値
1kwhあたり28万円~
×
1kwhあたり32万円~
4kwhでの
年間発電量

4569kwh
×
4521kwh
パネル1枚の重さ ×
20kg

15kg
4kwhで
必要とする屋根の面積
 ×
29㎡

21㎡
補償期間(無償) ×
モジュール20年保証・
周辺機器10年保証

モジュール20年保証・
周辺機器15年保証
商品のタイプ CIS系薄幕系化合物 HIT 非晶質シリコンと単結晶シリコンのハイブリッド
特記事項 実発電量No1 曇りでもけっこう発電 HITで暑さに強い 朝夕でもけっこう発電
総合評価

ソーラーフロンティアのメリット・デメリット

実は、ソーラーフロンティアのことは、見積り業者さんから「こんなのもありますよ」と紹介されるまで知りませんでした。

そこで自分でリサーチすると、ソーラーフロンティアのオーナーブログが多くあって確かに発電量が良いことがわかりました。
また、満足度が非常に高いのが印象的で一気の候補にあがりました。

ソーラーフロンティアの特徴はなんといってもCIS薄膜系で、曇りでも比較的発電量が落ちません。これが実発電量NO1となっている所以です。

そして、価格。
実発電量はパナソニックや東芝と比較しても申し分ない程です。にもかかわらず価格はこの2社よりもかなり安くなっています。現在の価格をネットで調べたところ、4kwh設置で28万円~/1kwhとの数字が出ています。

ただ、デメリットもあります。それはパネルが大きくて重いことです。
ソーラーフロンティアは4kwh設置するのに約29㎡の屋根を必要とします。そして重量は1パネルあたり約20kgと他のパネルと比べてかなり重くなっています。

パナソニックのメリット・デメリット

次に、パナソニックですが、特徴はなんと言ってもHIT(ヒット)です。
HITとは、アモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド太陽光パネルのことです。
高温に強く、夏場でも発電量が落ちにくいのが特徴です。
西野家は西向きの片流れ屋根なので、西日の暑さが身にしみていました。なので高温に強いのは大変魅力的だったのです。

そして、もう一つのメリットはパネルが小さく軽い、という点です。

また、これは私が検討していた時にはなかったのですが、特筆すべきポイントとして15年システム無料保証が付いています。これはスゴイことで、一般的にパワコンは10年前後で製品寿命で故障すると言われています。しかし、これを15年までは無償で補償する、と言うのです。
かなりの自信です。この姿勢だけでも信頼できそうです。

ただ、デメリットとしては価格面ではソーラーフロンティアにかなわず4kwh設置で32万円~/1kwhとなっています。
また、パネルの劣化がソーラーフロンティアよりも早い、との噂もあります。ただ、これについては私は根拠を見つけられませんでした。

 

2013-11-29-14-02-46西野太陽の勝手に評価まとめ

とにかく安く付けたいのなら、ソーラーフロンティアがおススメです。ただ屋根が広くないと必要量を載せることができません。また、重さが気になるところです。
パナソニックはその点、価格を除けば申し分ありません。というわけで総合的に判断するとパナソニックに軍配が上がるのかな?と勝手に評価しました。

追伸
実はソーラーフロンティアはその重さを克服するために、新パネル「ソラシスネオ」を発売しています。
1パネル100Wと少ないながらも、薄型&軽量に成功しています。グッドデザイン賞を受賞するなど、見た目も結構カッコイイです。私が設置した当時はなかったのですが、今だと迷うところですね。

 

・発電量・価格比較・面積・重さ 参考サイトELBソーラー、9種類のパネルの実証実験をしていて大変参考になります。

 

最後に、実際に私が使ったお勧めサイトを紹介します。

タイナビは、厳しい審査を通過した優良企業のみが登録でき、しかも常に競合としのぎを削っているため、価格やサービスが徹底しています。また、訪問を必要としない簡易見積りを取ることができます。もし、あなたがまずは相場を知りたい、忙しくて訪問は、、、という場合は簡易見積もりがおススメです。

 

 

 

おススメ記事

太陽光パネルおススメランキング

ソーラーフロンティアのソラシスネオっていいの?

パナソニックと長州産業のHITは同じって聞いたけどどっちが良いの?

 

同じカテゴリー「太陽光パネル比較」の一覧

パナソニックの太陽光発電(HIT245)の良さとは?

どうも、西野 太陽 です。 私が太陽光を設置しようと検討していた時に、真っ先に見積もりを取ったのがパナソニックでした。 ところが思ったほど値段が下がらず、1kwhあたり43万もしていました。(H24年 […]

記事の続きを読む

ソーラーフロンティアは小さい屋根でも大丈夫?

どうも 西野太陽です。 ソーラーフロンティアは人気のパネルです。 なぜなら、実発電量がNO1だからです。 でもデメリットもあります。それは重さとパネルのデカさです。 SF170では、一枚の重さが20k […]

記事の続きを読む

シャープの太陽光発電撤退はデマだった

どうも、西野太陽です。 平成27年3月初めににシャープが経営難に陥って、太陽光事業からも撤退するのでは?という記事が複数の新聞で取り上げられていました。 私は、じゃあアフターフォローはどうなるのか?と […]

記事の続きを読む

シャープの太陽光撤退でアフターフォローはどうなるの?

どうも、西野太陽です。 シャープが経営悪化のために太陽光発電事業から撤退するのではないか?との記事が新聞各社から出ています。 人員を3000人削減するというのですから、普通に考えて太陽光撤退は免れない […]

記事の続きを読む

パナソニックと長州産業のHITは同じって聞いたけどどっちが良いの?

どうも、西野太陽です。 太陽光パネルでパナソニックと長州産業が同じである、と言うのは本当です。 長州産業がパナソニックのOEMで作っています。 だったら値段で安い方を選べばいいじゃん、って思いますよね […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

プロフィール

西向き屋根の家主 西野太陽

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 太陽光発電で西向き屋根でも年20万売電できたポイントと見積術を公開

    ページトップ